生協・共済加入

生協加入について

新入生・保護者の皆さまへ

生協加入はおすみですか?
まだ間に合いますので生協までご連絡下さい!

京都府立医科大学・府立大学生協のしくみ
京都府立医科大学・府立大学生活協同組合とは、

・組合員の皆さん(学生・教員・職員)の出資金(30口)15,000円により運営されています。※出資金は卒業時にご返還しております。
・運営には組合員自らが参加し、組合員に対して事業を行うしくみになっています。

京都府立医科大学・府立大学加入特典 使って便利な生協のサービス

生協組合員証・電子マネーのご案内
組合員カードの便利な機能

組合員カードはICカードとして使用できます。電子マネー決済やミールシステムも組合員カードでご利用いただけます。電子マネーのチャージも生協店舗で簡単にできますので、学内の生活がより便利でお得になります。

電子マネーご利用可能店舗

  • 京都府立大エリア:府大購買・府大カプカプ食堂
  • 京都府立医大エリア:医学部店・カフェテリアポレポレ・看コープ
  • 附属病院エリア:病院購買・レストランフレール

ポイント付与対象店舗

カプカプ食堂・カフェテリアポレポレ・レストランフレール
病院購買(一部商品のみ)

※利用還元ポイントは100円(税込)あたり1ポイントが付きます。
100ポイント貯まると100円分がオートチャージされます。次回ご来店時よりご利用いただけます。

府立医科大学生・府立大学生にぴったりの基本プランをおすすめします。
自宅生(ご実家から通学)
基本プラン 安心プラン
①生協出資金(30口)
ご卒業時に返還いたします
15,000円 15,000円
②学生総合共済(BF)生命共済
1年間の掛金
14,400円 14,400円
③学生賠償責任保険(19H)
1年間の保険料
1,800円 1,800円
学生賠償責任保険
一人暮らし特約あり(19HK)
1年間の保険料
④就学費用保障保険(19W)(1口 2,600円)
4年制1年目の保険料
(2口)
5,200円
⑤学生生活110番
卒業予定年まで一括払い会費
-
⑥生協電子マネー
事前チャージ
50,000円 50,000円
お支払い金額合計 81,200円 86,400円
自宅外生(ひとり暮らし)
基本プラン 安心プラン
①生協出資金(30口)
ご卒業時に返還いたします
15,000円 15,000円
②学生総合共済(BF)生命共済
1年間の掛金
14,400円 14,400円
③学生賠償責任保険(19H)
1年間の保険料
- -
学生賠償責任保険
一人暮らし特約あり(19HK)
1年間の保険料
8,500円 8,500円
④就学費用保障保険(19W)(1口 2,600円)
4年制1年目の保険料
(2口)
5,200円
⑤学生生活110番
卒業予定年まで一括払い会費
9,250円 9,250円
⑥生協電子マネー
事前チャージ
50,000円 50,000円
お支払い金額合計 97,150円 102,350円
※加入手続き方法が「WEB申込+コンビニ払い」の場合、払込金額の合計にプラスして「取扱手数料500円」が必要です。
「加入申込書+ゆうちょ銀行(郵便局)払込」で申し込まれる場合は、所定の払込手数料が必要です。
  • 学生総合共済およびあわせておすすめする保険の掛金・保険料は、1年間分です。掛金・保険料を口座振替することにより契約は卒業予定年まで自動継続します。2年目以降の保険料につきましては「学生総合共済パンフレット」をご覧ください。
  • 35歳以上の方、在学中に35歳になる方、留学生および扶養を受けない方は生命共済の掛金・保障内容が異なりますのでお問い合わせください。

【基本プランをおすすめする理由】

学生総合共済(生命共済)・学生賠償責任保険に加入しよう

大学生になると生活環境が大きく変わります

  学生総合共済のポイントは3つ!!  

point1大学生の生活にマッチした保障内容であること。

大学生になると学校での授業だけでなく、サークル活動やアルバイト、国内・海外旅行、留学、インターンシップなど、高校までの「家庭-学校」からより広がったフィールドで活動するようになります。
der14 ▶ 病気やケガを24時間・365日、正課・正課外、国内・海外、問わず保障(生命共済)
▶ 入院日額10,000円を1日目から200日まで保障
▶ こころの病気での入院も保障
▶ 1年間の掛金14,400円(1ヶ月あたり1,200円)と少ない掛金で充実した保障内容etc.

point2もしものとき学業を継続できる保障内容あること。

ケガや病気をすると治療費がかかるだけでなく、アルバイトができないため収入が減少し、生活費の心配をする学生がたくさんいます。治療費のカバーだけでなく、生活費を圧迫しないだけの保障があることが大切です。

すでに加入されている他の保険・共済があっても
「生命共済」への加入をおすすめします!

point3学生が自分で手続きできること。

「自分のことは自分でできるようになる」ことは、とても重要なことです。生協では多くの学生が自身で窓口に来られ給付申請をされています。生協職員がきちんと申請いただけるよう学内の窓口でサポートしています。なにか解らないことがあれば、お気軽に窓口へご相談ください。

京都府立医科大学・府立大学の学生総合共済(生命共済)給付実績
2014年4月〜2018年3月(4年間)

給付件数271
給付金額3,883万円


京都府立医科大学・府立大学では、部活動やサークル活動が盛んでスポーツ事故が多く発生しています。その他にも、自転車での通学中の転倒事故、アルバイト先や旅行先などの課外活動での事故が発生しています。
病気ではまた、自宅生・自宅外生問わず、大学生になって生活のリズムが変わったことで急性虫垂炎や腸炎などの消化器系の疾患、自然気胸などの呼吸器系の疾患の方が増えています。
数日間の入院・通院であっても、実際に病気やケガに直面した方からは、精神的・経済的負担を感じたとの声をいただいております。そうした中で共済の給付を受けられることを知り、気持ちが楽になったという声をいただいております。

府立医科大学・府立大学生協 生命共済給付事例

utiwake01.png
utiwake02.png
utiwake03.png

(2017年4月1日~ 2018年3月31日) ※一部抜粋

※上記給付事例は、2018年度までの保障制度により支払われた事例です。
※2019年度は保障内容が異なります。「2019年度版 大学生協の学生総合共済」パンフレットをご覧ください。

新入生応援サイト|大学生協の学生総合共済
よくいただく質問|大学生協の学生総合共済
お申し込みはこちら